ホーム > 用語集

用語集

オフィスの引越しや、内装リニューアルリフォーム引越しをお考えの方のご参考になれば幸いです。内容について充分な情報提供はできておりませんが、徐々に増やして行きたいと思います。

可動間仕切り(かどうまじきり)

簡単に組み立て・移設のできる間仕切りで、パーティション・移動間仕切り・家具間仕切りなど。

吸音材料(きゅうおんざいりょう)

音を吸収するのに使う建築材料。

軽量骨材(けいりょうこつざい)

絶乾比重が2.0以下のコンクリート用骨材をいい、人工軽量骨材や天然軽量骨材、炭殻などの副産軽量骨材がある。

sign(サイン)

一般的には記号のことだが、建築用語としては建築物に付属する看板や案内板、室内札などの総称。

仕上げ表(しあげひょう)

建物各部の仕上げを整理した一覧表で、外部仕上げ表と内部仕上げ表に分かれ、内部では部屋別に床・幅木・壁・天井の仕上げに関する指示を記入。

下地(したじ)

仕上げ材料の取り付けをスムーズにして効果を助ける素地で、防水下地・塗装下地・塗り壁下地などという。

墨出し(すみだし)

  1. 壁・柱・床などの中心線の位置や仕上げ面の位置またはそれらの逃げ墨を墨糸などを使って記すこと。
  2. 部材の切断・取り付け・継手や仕口加工などの作業に必要な線や印を付けること。

テラコッタタイル

イタリア語の素焼の意で、引金物で構造体に固定する大型のタイルをいう。テラコッタブロックとは焼物の空洞ブロックのこと。

電球色

やや赤みを帯びた、やわらかく、あたたかみのある光。経済的な蛍光ランプでありながら、あたたかみのある光色で落ち着いた雰囲気を演出。

putty(パテ)

ガラスの取り付け・塗装の下地処理・鉄管継ぎ目の水漏れやガス漏れ防止などに使う硬いペースト状の充てん材。

plaster(プラスター)

鉱物の粉末や石こうが主成分の壁・天井の塗り仕上げ材料で、石こうプラスター・ドロマイトプラスターなどがある。

plaster board(プラスターボード)

石膏ボード(せっこうボード)のこと。
石膏を心に両面を厚紙で被覆形成した板で、防火や防音性に優れ・温度や湿度の伸び縮みが少なく・施工が容易であるが、衝撃や湿気に弱い。天井や壁の内装材に広く使う。

間仕切り壁(まじきりかべ)

建物の内部を部屋に分割する仕切りに設けた壁で、構造的な役割の耐力壁と区別。固定的なものと可動のものがある。(「可動間仕切り」参照)

見切り(みきり)

仕上材の端辺か材質の変わり目やその処理の仕方で、納め方。(「見切り縁」参照)

見切り縁(みきりぶち)

仕上材の端部や材質の変わり目を意匠的にきちんと納めるのに取り付ける細い部材で、コーナービートもその一つ。

ナツメ社 『図解 建築現場用語辞典』より抜粋